太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組シンドローム

教組というと、敗戦まもなく一時期は左翼が強かったこともあって、例えば天皇の戦争責任などを授業中に教壇で堂々と主張した先生もいたそうだ。
そういうこともあって「日教組が‥」などと一部で声高に云われだしたのは、恐らく昭和40年代の学園紛争やその後の荒れた校内暴力に対して、右翼や一部の評論家からさしたる根拠もなく教育批判の意で漫然と使われてきた。
浅間山荘事件を契機に過激な左翼運動は支持を失い、成田闘争もセクト化して学生運動の時代とは結びつかなくなってくるが、いずれも日教組とは何の縁も所縁もない話である。

逆に世間的には学生運動後の学生はシラケ世代で大人しいとか、学園紛争くらいまでは学生がしっかりしていたなどとよくいわれていた。確かに、自分達の権利を自分で勝ち取ろうと行動した紛争世代当事者の人からすれば、元国土大臣の主張とは正反対の意味で、それ以降は権利の上にのっかってごねている軟弱さがみえる人もいるかもしれない。
この間、寅さんの第一作目を放送していたが、まさしくあの時代前後に集団就職で職工さんになった人も、大学で闘争活動に明け暮れていた人も、時代の流れもあろうが、新しい時代に必死に自分なりに考え行動するエネルギーが社会全体から溢れ感じられた時代だった。

その頃と違い左翼思想運動もすっかり失われて二、三十年も経ち、フォークソングもすっかり懐メロとなって、当時からすればはるかに若者も大人しく保守的になった。右翼が望んだ左翼が衰退した社会になっても何も明るくなったわけでもないのだが、ウヨクだけは相変わらず化石のように、何でも都合よく日教組の被害妄想・万能感に支配されたままでいる(※1)。
何を勘違いしたのか、この大臣などは自分の発言さえすれば、政治家の使命だかに酔いしれた国士気取りなのかもしれないが、おおよそ国交省だろうが行政や国民生活などはどうでもいいのであろう。イヤになるほど何回も書いているが、そういう職場放棄のオレオレ政治家が「公」の理念を説き支持を受ける時代となりつつあるのだとしたら、世も末、このブログも閉鎖をするしかない。

※1 『公』の精神というが、『日教組』という名の下に語られていることは、要するに漠然と反日だとか自虐的などの自分に不快なことや、そぐわないものをかき集めて『公』に当てはめ反していると述べているに過ぎない。偏見の見本である。


「日教組強いと学力低い」中山説、調べてみれば相関なし:朝日
http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY200809260383.html
(わざわざご苦労さま)


子どもの学力の低さ、やはり日教組の組織率と相関性あり─太陽系規模で確認
某瓦斯新聞
http://bogusne.ws/article/107233261.html


-----
日教組の思い出といえば、一度だけ学校の休み時間に君が代についてのチラシを配られたことがある程度で、ゴミ箱に捨てるのもいたし(※2)、落書き用紙になったり、他の教材プリントと同じようにしまうのもいた。それを機に公共の精神を軽視したり、反日運動?やら反社会活動?に目覚めた生徒などいるわけもない(笑)。日教組といえばその先生ぐらいしか思い付かないが、いわゆる熱血教師で結婚もしていたが、ハンサムだったこともあって女子生徒からは人気もあった。
私は教科が得意なこともあってこの先生に何回か誉めてもらったことを憶えている。担任ではなかったが、その後、ある出来事でその先生とも反目する関係となってしまい(日教組とは関係ない―笑)、私も石頭で、今から思えば先生の仰りたかった意味もよく分かる。懐かしくも、当時は先生の期待に反するような結果になってしまい申し訳なかったと思う。

 一方で私の親の世代は日教組より軍国教師の時代なので、その頃の話を昔は聞かされた。父は九州でも非常に保守的な土地柄の出身なこともあって、特に戦時中は鉄拳制裁が当たり前だったという。例えば忘れ物などすると、私なんかはバケツを持って廊下に立たされたとかグランド周回ぐらいだが、戦時中、父の学校ではその先生により班の連帯責任で、標準語でいえば?「打ち回し」という意の『刑』になる。これは要するにその班以外からビンタを頂戴するのだが、口が開かないくらい顔がパンパンに腫れてしまったらしい。まあ、よく耳や歯が潰れないものだが、もちろん家に帰って忘れたからなんて親に言えないから、腫れたほっぺを言い訳で誤魔化すのに苦労する方が大変だったとか。
殴るなんてことは日常的なので、親友だからといって明らかに手を抜くと先生にどやされたそうだが、慣れているせいもあってか中にはビンタが上手な生徒も結構いたそうで、バシッと綺麗な大きな音をする割には全然痛くなかったそうだ。
近くには有名な海軍の飛行場があって、予科錬か、若い兵隊さんが何度もぶっ叩かれているのをよくみたのだとか。



※2 色々と思い出すうちに恥ずかしくなってくるが、正直に書くと、中学生の頃は部活の先輩が「”チョン”校の奴らに鼻を折られそうになった」(噂)という武勇伝やら、メンマを支那竹と呼べだとか、「日教組教師」など、どうでもいい頭の悪い話を面白おかしくしていたものだ。ひどいもので、ウヨクを馬鹿と言えた立場でもない。そういう『単語』を使いたい時期だったのかもしれない。
先生も昔は暴力的で、私も何度か明らかに日教組ではない先生に殴られたり、棒で小突かれたり、蹴りを入れられたことがある。別にそれで鍛えられたとは私は思わない。


訂正)
ジャンヌ=ダルクというたとえも変だし失礼なので、国士に変えました。
スポンサーサイト

今後の動向

はここ数日に至るまで、自民総裁選など興味もなく政治ついて書くつもりもいないでいた。だが民主党が選挙で簡単には勝てそうにない変わらない現実(機能しない二大政党制)と、これから先に待ち受ける政治スタイルを想像すると、このブログで書くべき位置は日々失われつつあって、これから先、ブログをどうするかを思案している。とりあえず次の自民党総裁が誕生する前に、書くべきことは書いておきたいと思ったからだ。(不満を一気に書いてしまった。)
最後に今後の政治の動向について考えたい。

 次の選挙ではいずれの政党もかなり厳しい戦いを強いられることになるだろう。民主党については先に触れたような課題があって、また必ずしも政策論争が論点となりにくい現状の政治にあって、党としてどう戦うべきかは難しいところにさしかかっているように思われる。それに自民党に比べ全体的に活気のない印象にみえてしまっている。ポスト小沢の流れがどのようなものか見えてこない点も気になる。党首選挙がなく決まったのは、民主党にとって大きなマイナスである。

 一方、次期自民党総裁がしようとしていることは目に見えている。福田政権で失敗した懐柔路線と決別をして、今後は喧嘩の出来る政治家を再び探しているだろう。ねじれ国会の責任を民主党の責任に仕立てることが出来る、言いくるめることが出来る人物が望まれる。自民党は総裁選で必死に政策論点をかざして歓心を買おうとしているが、実際には政策論争に絡めて今後の民主党の責任論をいぶりだすための伏線の意があるのだろう。
逆にさらに下手に出るという手もあるが、それなら女性政治家が好ましいかもしれない。日本発の女性首相が民主党に頭を下げるというのもあるが、弱々しい路線は望まれないだろう。
とにかく今や自民党は巨大な広告デパートのようにみえる。先にふれた芸人タイプの政治家が自民党を盛りたてて、いかに国民の期待に応えているかのようにみせている。
しかし実際には日本は少しも良くなっていない。かえって中流意識は薄れ悪くなりつつある。私はこうした騒ぎ(祭り)から一歩ひいてその原因を冷静に考えてみるべき時期にきていると思っている。どうして小泉政治が正しいといえるのか。または何が間違っているのか。なぜ良い方向に向かわないのか。

 自民党は本当にねじれ国会を不利だとは思っているだろうか。実際は有権者がねじれ国会にうんざりして、今後の選挙では頭の中に今回の出来事がひっかかって、よほど慎重になって野党を勝たせようとはしないだろう。ねじれ国会で混乱を招くほど、おまけにご丁寧にもマスコミやネットで民主党の責任論が高まれば 万、万歳なのではなかろうか。

誘惑と幻滅

直に告白すると私はかつて小泉さんの熱心な支持者の一人であった。彼が自民党をぶっ壊すと述べ田中真紀子さんなどがいた本当に最初の頃の話である。集会では見も知らぬ人と顔を見合わせては、異様な熱気と見たこともないような聴衆の多さに感動したものだ。だがその幻想はすぐに崩れ去った。支持した以上は私自身にも責任がある。

 私は先に日本の政治も政策本位になりつつあると書いたが、実はこれはかなり希望的・楽観的立場である。実際には政策論争は脇に置かれて、中身のない「宣伝」とイメージ戦略の方が重要になってきている。これは日本だけではなく米国も同じ傾向にあるようだ。なぜなのだろうか。

 まずはとりあえず、そうした政策本位を前提に小選挙区制を考えてみると、個々の政策論点がハッキリ示されることによって、○×型の政治スタイルが定着するようになりつつあるように思える。これは1か0か二極化されやすいネットとも親和性が高いのでネットの影響は大きいわけだ。
ところがこれには問題が一つあって、例えばある選挙区で対立候補がお互いに○の立場と×の立場に分かれて論争すればよいが、共に○や×の場合には相乗的に○(×)で競い合うことで偏りがある政策が広がりやすい。
さらに、昨今のマスメディアは以前にも書いたように関心の流れに沿う情報しか提供しなくなりつつあるので、煽ることはあっても警鐘を鳴らすことがない可能性もある。

 以前の中(大)選挙区制の場合は大票田を中心に利益者団体の足場を固めればある程度の計算が可能なこともあって、実際の候補者の資質や個性はさほど重要ではなかった。派閥重鎮の意向に従って右へ倣えと数の力で押し切る政治であったから、派閥長の意向が何ごとにも中心であった。それに比べ本来ならば、小選挙区制は政党による政策論争が争点となりやすいために政治家個々の能力や資質が重要になるはずだった。
 ところが実際には何が起こっているかというと、かえって二大政党の傾向が強まるほど党レベルで数による支配が決定的になってしまい、もはや政策協議よりも政策遂行能力が問われるケースが増えて一人歩きする結果になった。選挙でも政策立案能力ではなく政策実行力に関心が向くようになり、議論より何かやってくれそうな人物を求めるようになった。
また圧力・利益者団体の代わりに不特定多数の無党派層が増えて、政策を認知してもらいアナウンスできる「顔」が党として求められるようになった。
それにより政治家としての資質や能力というのは、実行力はそう簡単に分かるものではないだけに、パーソナリティや個性などが目立つ人物がもてはやされる傾向になった。それにメディアの露出度が加わって、政治家は庶民的な親しみやすさを演出できる人物を競うようになった。もちろんさわやかイメージで、汚職政治を連想させる従来タイプの垢まみれ政治家は嫌われるようになる。
それに代わる基準がない以上は今後も似たような傾向が続くだろう。ただし昔からの行政出身の肩書きが失われたわけではない。大方の党が推薦する人物の傾向は変わらないし、選挙区地盤では二世議員や有力者の支持が通用しないわけでもない。むしろ無党派層に依拠する議員は不安定な戦いを強いられる為に、より目立つ行動や迎合的な振る舞いで有権者の顔色を伺わなくてはならない。芸人顔負けである。

今の政治は政策本位というよりも現実社会から乖離しているのが実情で、パフォーマンスや人気取りで不満そらしに熱が帯びている。その間にも日本は徐々に傾き危機は深刻なる一方である。そのツケはいずれ国民が詰め腹を切らされる形の繰り返しである。庶民の生活は苦しいまま何も変わらないと諦め、精神論の摩り替えでうやむやにされる社会のままでは悪化の一歩をたどるだけだと私は思う。

福田政治の終焉-2

(3) 選挙制度と民主党~

 さてようやくここからが本題である。政治が大きく転換した最大の要因はシステム―いうまでもなく選挙制度が変わったからである。これにより政治に対する感覚がようやく変わり始めた過渡期にあるのではないかというのが私の見方である。
 小選挙区制になって時間が経ち日本の政治もようやく政策本位の論争になりつつある。皮肉にも小選挙区制に一番真っ先にに対応した政党は自民党ではなく民主党であった。もっとも旧来の自民的体質を引き摺っていると思われている民主党が、政策本位の「マニフェスト」なる代物の政策綱領を掲げることで政治が変わるか当初は疑問視する声も大きいかった。
 しかし、この重要性に気づいた他党もあっという間に追随してきたことからも分かるように、本来小選挙区制は政策判断を下すべく行われるのに適した制度なのだ。民主党は元もと二大政党制移行を目指して意図された政党であり、政策論争により政権交代可能な二大政党制の理念の実現が期待される政党であった。
ところが大方の人は、いまだに中選挙区制時代の概念が根強く残っていて、政権交代を不安定要因だと考えがちである。だから民主党がことあるごとに政権交代とオウムのように繰り返すのは分からないわけではないが、その期待通りには進まないことが民主党には分かっているのか、いないのか、そこから一歩先に出た知略が足らない。
 今年、ある象徴的な出来事が起こった。ガソリン税の暫定税率の撤廃を求め民主党が都道府県の知事と掛け合っていた時だ。九州のタレント知事と菅氏が代替案の論戦をしていた時にいわれた一言「信用できない」。私は民主党案は実務的で良かったと思っているが、そういう所に話がいかないのが今の政治実情なのだと思う。
 民主党がいくら立派な代替マニフェストを掲げたところで、それは実現せねば紙切れにしか過ぎない。だが政策を実現する見通しがあるのか、ないのかは、我々一般の素人には「分からない」のである。どんなに立派な文章でも一官僚の書いた作文に敵わない。それは官僚の作文が優秀だからではない。官僚という政策を立案し遂行する立場の者が書いているからに他ならない。自民党のマニフェストなど中身は大した事はなくとも「安心」するわけである。
 だが打開策がないわけではなかろう。本当に改革が必要なのはどこの分野なのか、民主党には出来て自民党には出来ないこととは何なのか。民主党は政権の座についたことがない。それは大きな短所でもありながら私には非常に魅力的に思える。
 そして民主党は自民党と違って役所に頼れない分、外向きのアンテナや情報網をそれなりに構築してきたはずだ。一方で自民・官僚に問いただして欲しいと思っている人は山ほどいるだろう。私が民主党員ならもっと開放的な柔軟な組織にして、直接の票にはならないかもしれないが、硬直化した特定の利害者集団にならないように懸命に模索するだろう。今の民主党は国民からすれば、ひところよりさらに何をやっているのか分からないようなイメージがある。民主党が言い出したことを自民党が利用している面もあるだろうが、マスコミから注目されない分だけ中身が見えるような工夫をしなければ、文章だけ持ってきても党としては信用されにくいのである。

福田政治の終焉-2

(2) ネット社会と小泉政治~

 日本の政治は、近年大きな変わり目にきている。政治を根底から変えはじめている震源となりつつあるのは、国際情勢でも、経済問題や少子高齢化でもなく、何といってもネットの力である。
ネットは大きな『民意』を示しはじめている。いずれどの政治家もそれを無視することはできなくなるだろう。それは大きな振り子のようでもある。常に流動的で留まることをしらない。今の所、アンカーで固定することは無理である。
それに加えて選挙制度が大きく変わったことがもう一つの原因にある。これについては長くなるので別途詳しく書くことにする。いずれにせよ、この二つにより日本の政治は「間接的な」言い回しよりも「直接的な」言い回しが好まれるようになった。

 それを政治で体現してきたのは良くも悪くも小泉という政治家であり、恐らく現在でも多くの人にとって、政策は抜きにして、政治姿勢として最も理想と思っているのではないだろうか。彼はそうした『民意』を読むのがとてもうまい政治家である。彼も安倍氏もことさらに『ニッポンの』という表現を好んでうまく使っていたが、派閥やお友達に囲まれた安倍氏と違い、小泉氏にはアンチ政治家というテーゼが強かった。これが政治不信に国民の目線という位置に重なるようにみえた。闘う孤独な政治家として同情的な雰囲気を作り出した。独裁者やポピュリズムという批判も直接的な暴力と結びつかない限りにおいてはあまり説得力をもたない。彼の表現が挑発的で暴力的であっても、多くの人は彼の『真意』を汲み取ろうとして表現自体は問題にしなかった。それどころか国民の声を共通して代弁したような「本音」というようにフォローされてきた。このことは政治にさらに共通の話題性を持ち込むことにつながり床屋談義に恰好のネタを提供した。マスコミも売れることもあり大きく一役買った。それにより支持率はさらに跳ね上がった。
 キャラクターやパフォーマンスなどの政治以外の面でも人気がある政治家はいるが、大方の人はそのような面と国会での発言を混同したりはしてこなかった。国会での発言はそれほど重いものだ。だが彼は全く変わらないようにみえた。それが超人のごときアンタッチャブルな存在になったかのように思えたのかもしれない。だが優秀な他のブロガーの皆さんは早くからそのからくりを見破った上で、小泉劇場は米国ブッシュ大統領のいいなりだと指摘した。もっと決定的だったのは、彼の進めた構造改革が日本を真っ二つに分断してしまったことだ。そこにかつてのような救いはない。それに対して、彼は無視するか開き直るばかりでなんらの関心も示さなかった。

福田政治の終焉-2

(1)総括

 二つ目の理由はより本質的な課題だと私は考えている。福田政権は非常に低い支持率になるだろうことは事前に予想できていた。これは以前に書いた理由にも繋がるのだが、端的に述べれば福田政治と民意との微妙なズレにある。
 退陣表明直後の街頭インタビューでは、なぜかマスコミは「次の首相は?」という総裁選を意識した質問で福田無視と自民党大会の先取りに努めていたが、多くの人はそれに対して強いリーダーシップとか、中には露骨に「小泉さん」と指名する人もいた。もし、これからの政治家が第二の『小泉』さんを目指すとしたら確かに強いリーダーシップが重要だろうが、なによりそのリーダーシップを確立するために『葵』の御紋こと―「支持率」がなくてはならないものとなろう。
 既に、日本の政治は小泉時代に大きな転換点を迎えて従来の概念ではやっていけなくなりつつある。もちろん、これは小泉氏が変革をもたらしたわけではないのだが、彼は恐らくぎりぎりの所で試行錯誤ながらも巧みに操縦して、この時代にうまくリーダーシップを発揮した最初の政治家とはいえるだろう。
政治スタイルを大きく変えた原因として考えられるのは、次の二つの点だろうと私は思っている。

福田政治の終焉-1

田政権は短期になるとの事前に予想はされていたが、予想以上に悪い終わり方であったように思う。福田政権が長持ちしないと予想された理由は大きく分けて二つあると私は考えている。一つは福田政権としての理由で、もう一つはより本質的な問題である。

 一つ目の福田政権の直接的な原因と考えられる理由はいくつか考えられるが、ねじれ国会でリーダーシップを発揮できない大方の見方が一番の要因であろう。ただしそれは、民主党に対するというよりは自民党内部の問題という方が大きいのではないか。
 福田政治自体はいわゆる派閥均衡型政治の延長線上の中で生まれてきた。ただ福田氏自身は某週刊誌の言い方に従えば派閥の「オーナー」であって「経営者」ではない。やはり2世議員なのである。彼の取り巻き(森氏など)が実質的な人事的手配者なのであって、彼自身に人的な集約力があるわけではないのだろう。
ただ今回の場合は派閥としての力量を問われているというよりも政策本位の実務家として、福田氏はねじれ国会での「大連立」を視野に含めた調整型の手腕が期待されていたのかもしれない。そこに大きな計算違いが生じたことは間違いないだろう。

 参議院で大敗した自民党は本来ならば、ねじれ国会という状態で直近の民意を反映した野党側に大きく擦り寄らねばならなかったはずだ。民主党は選挙で大勝して強気になり政策で大きな妥協をするわけがないからだ。まして大連立を画策したとすれば、それは自民党批判という民意を否定することとなり、ふつうなら乗り気になるわけがない。
 それでも福田総理は民主党と自民党の調整的な役割を担う必要があった。ところが総裁選の段階から既に麻生氏にかなりの票が流れたように、最初から自民党は割れたままの状態であった。出発の段階で自民党には麻生氏に近いグループと小泉チルドレンなどが福田政権に距離を置いていた。福田氏は内閣を安倍時代のまま据え置くことで一定の影響力を補う狙いがあったのかもしれない。だが結局、福田政権は最後まで党内を掌握できず意見の集約が図れなかったのだろう。仮に民主党と対話して妥協点を探っても、それをもって党内を押し切ることは簡単には出来なかったはずだ。
 そうした意味では彼の進める政策一つをとっても、民主党との対立のみならず党内でも、例えば外交は対米関係で給油問題など党内の一致はみたものの、対中関係では全般的に面白くないと思っていたグループもあったであろうし、今年に入ってガソリン税では暫定税率の扱いに対する方針が食い違うなどして道路族とも意見が割れたりもした。おまけに夏が過ぎて選挙がちらつき始めると、今度は連立相手の公明党が選挙に苦しいとみえて色々と注文をつけてきた。ひょっとしたら大惨敗のデータをもとに福田切りに動いていたのかもしれない。
 こうして民主党からは当然高いハードルを突き付けられたまま、与党内部とは意見の集約が図れない状況では如何ともし難く、身動きが取れないことは容易に推察できる。四面楚歌の状態に近いものであっても小泉政権であれば支持率をテコに影響力を及ぼせたが、すでに支持率が凋落している上に話題性に乏しい性格も災いして、さらには政策も支持を受けるような目立つものが打ち出せないことで再び上がることはなかったのではないだろうか。

政治の私物化 (怒)

いう言葉は現在の自民党の為にある。怒り心頭で眠れもしない。小泉政権以来、現在の深刻な状況は政治を私物化して戦後最悪の政党と腐り果てた自民党のこれまでの傍若無人な一連の振る舞いにある。
福田という男はねじれ国会という状況を理解して総裁選挙(笑)に望んだはずだ。その上で自民党に対する保身と顔向けはできても、会見には国民の付託に応えるという重みも意義も全く感じられない。
衆議院が解散して日も経っているというのに自民党政治の決断には「選挙」の二文字はなく、自党の敗北を恐れて勝てるまで『占拠』し続けるのが国民に対する責任のとり方らしい。武力こそ用いていないが、独裁政権とほとんど変わりがない。
これ以上一刻の猶予もならない、即刻解散すべき状況としか表現のしようがない。自民党と公明党は民主的な政権政党としての少なくとも最低限の責任を果たすべきだ。
自民党・公明党が衆議院を解散しない限り、私は今後いかなる者も首相などと思うつもりなどない。日本の民主主義の成熟度が試されている。

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。