太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の動向

はここ数日に至るまで、自民総裁選など興味もなく政治ついて書くつもりもいないでいた。だが民主党が選挙で簡単には勝てそうにない変わらない現実(機能しない二大政党制)と、これから先に待ち受ける政治スタイルを想像すると、このブログで書くべき位置は日々失われつつあって、これから先、ブログをどうするかを思案している。とりあえず次の自民党総裁が誕生する前に、書くべきことは書いておきたいと思ったからだ。(不満を一気に書いてしまった。)
最後に今後の政治の動向について考えたい。

 次の選挙ではいずれの政党もかなり厳しい戦いを強いられることになるだろう。民主党については先に触れたような課題があって、また必ずしも政策論争が論点となりにくい現状の政治にあって、党としてどう戦うべきかは難しいところにさしかかっているように思われる。それに自民党に比べ全体的に活気のない印象にみえてしまっている。ポスト小沢の流れがどのようなものか見えてこない点も気になる。党首選挙がなく決まったのは、民主党にとって大きなマイナスである。

 一方、次期自民党総裁がしようとしていることは目に見えている。福田政権で失敗した懐柔路線と決別をして、今後は喧嘩の出来る政治家を再び探しているだろう。ねじれ国会の責任を民主党の責任に仕立てることが出来る、言いくるめることが出来る人物が望まれる。自民党は総裁選で必死に政策論点をかざして歓心を買おうとしているが、実際には政策論争に絡めて今後の民主党の責任論をいぶりだすための伏線の意があるのだろう。
逆にさらに下手に出るという手もあるが、それなら女性政治家が好ましいかもしれない。日本発の女性首相が民主党に頭を下げるというのもあるが、弱々しい路線は望まれないだろう。
とにかく今や自民党は巨大な広告デパートのようにみえる。先にふれた芸人タイプの政治家が自民党を盛りたてて、いかに国民の期待に応えているかのようにみせている。
しかし実際には日本は少しも良くなっていない。かえって中流意識は薄れ悪くなりつつある。私はこうした騒ぎ(祭り)から一歩ひいてその原因を冷静に考えてみるべき時期にきていると思っている。どうして小泉政治が正しいといえるのか。または何が間違っているのか。なぜ良い方向に向かわないのか。

 自民党は本当にねじれ国会を不利だとは思っているだろうか。実際は有権者がねじれ国会にうんざりして、今後の選挙では頭の中に今回の出来事がひっかかって、よほど慎重になって野党を勝たせようとはしないだろう。ねじれ国会で混乱を招くほど、おまけにご丁寧にもマスコミやネットで民主党の責任論が高まれば 万、万歳なのではなかろうか。
スポンサーサイト

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。