太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期首相に参拝中止要請 米大物議員の抗議相次ぐ

の戦争について歴史家の問題と述べるのは、色んな見方があるという一般的な認識としてはいいが、安全保障など命にかかわる政治に携わるものがその責任や自覚も認識を持たずにいいのだろうか。その是非は別にしても、自衛隊を憲法にどう位置付けるかなどはるか以前の問題として、現在の社会を引き継ぎ発展させることもなく何のビジョンもみえずに改憲を主張するとはどういうことなのだろう。もっとも他のビジョンを目指して終戦から現在に至るまで続いている平和と民主主義国家としての理念を放棄しようというなら別だが(※1)、それならどこの国が国際平和に積極的に貢献するなどと信じるだろう。これでは一部の人がいう特定な国どころか、日本の改憲を暗に望んでいると云われる米政権を除けば、唯一の味方である米国サイドですら信用されないこうした声もあるわけで、それで「敵国条項」も除けない国連の常任理事国入りという戦勝国倶楽部の仲間入りが可能と外務省は信じているのだろうか。あくまで一部という人もいるかもしれないが、この問題に関する海外のフォーラムなどみても、靖国的な史観などで他の理解が得られるわけがない。それどころか日本人ですらそんな中で何のために改憲するのか疑問に思えてきてしまう。

これまではアホらしい勘ぐりだと思っていたが、戦前の一時期でしかない軍部主導の時代を見直したいというのが意外と本音なのではと疑ってしまう。やたらとファシズムと決め付ける今の米ブッシュ政権の政策に対する批判にからませて、戦前日本の行為を擁護するような見方も増えてくるだろう。靖国を参拝する人が増えてきた背景には、そのような米国に対する批判的な見方があるのかもしれない。だが冷戦が終わったから民主主義も平和も失われたわけでもなく社会が激変したわけでもない。最近やたらと「新しい」○○と付けてみたり、何でもかんでも変わったかのように振舞い、飯の種にしている評論家や宣伝にしている雑誌も多いように思う。彼らは自ら作った自称:「新しい」権威でありたいがために、もともと理解も得られないような無理な話を守るのに必死になっているようにもみえる。読み物としては面白いかもしれないが、政治家がそういう流れの中でしか自国のアイデンティティの活路を見出せないとしたら無能であり、まことに不幸なことだと思う。


※1  「安倍晋三はアフマディネジャドと似た歴史修正主義者」=独・シュピ-ゲル誌
ひとくちコラム:
http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/siten29.html
シュピーゲルはドイツで最も知られた週刊誌の一つ


次期首相に参拝中止要請 米大物議員の抗議相次ぐ
北海道新聞 - 共同伝 14日
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060915&j=0026&k=200609151719



【ワシントン14日共同】米下院外交委員会の重鎮、ラントス議員(民主党)は14日の公聴会で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難し、次期首相に参拝中止を要請した。さらに、太平洋戦争中の南京大虐殺の実態を否定する教科書を「日本政府が認めている」と指摘。「歴史を否定する者は(同じことを)繰り返す」と、歴史問題に対する日本政府の態度を厳しく批判した。


 同委員会のハイド委員長(共和党)も同神社内の展示施設「遊就館」の太平洋戦争に関する説明内容を修正すべきだと主張しており、米議会の大物が日本側の歴史認識に相次ぎ抗議した格好だ。


 11月の中間選挙で野党民主党が下院を奪回した場合、ラントス議員は同委員会の委員長に就任する予定。同議員は第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者でもある。


--------------------------------------------------------


米国中間選挙で共和党が勝てる見込みは現時点では非常に薄い。

スポンサーサイト

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。