太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散・総選挙を望む

倍首相が突然辞任した。理由はテロ特措法を守れとか民主の小沢氏の会談拒否とかどこかの掲示板ウヨクのようなことが言われているが、本当のところは何が理由なのやら分からない。
それにしても一体何を考えているのか、あんまりのことに怒りや呆れるのを通り越して何も浮かんでこない。内閣改造を経て外遊までして、国会の所信表明を終えたばかりという直前になっての敵前逃亡の辞任劇とは、いまだかってこんなひどい話は聞いたことがない。国会というものをなんと考えているのだろう。
考えてみれば小泉政権以降、今の自民党は国会を軽視し政治を完全に私物化しているとしか思えないようなことばかりだ。安倍氏もまた然りである。安倍政権になってからは具体的に防衛庁の格上げ・教育基本法の改正など、自分の関心のあることだけをごり押しして法案を通してしまえば、後は年金問題だろうと格差問題も国民が本当に困っている難しい問題には真剣に向き合わず、戦争ゴッコに明け暮れて今やるべき国内の課題は他にも山積しているしているというのに放り出す。年金を納めたくても経済的に納められない若い人もいるというのに、いつまでたっても尽きることのない政治と金の問題である。言い訳に奔走するか、開き直り、政策も押し付けで議論もない。
こんな今のウヨク・ホシュ政権のどこがいいのか聞いてみたいものだ。ネオコンもネオリベなんてものじゃない。ただの好き嫌いが激しいお子様ランチで、自分の関心・やりたいことだけするオレ様流政治でしかない。人の痛みどころかそもそも見えていないのではないか。後に続く政治家も似たり寄ったりで、そんな自民党内で次の総理を決めるという。本当にうんざりしている。
いずれにせよ区切りがついたところで出来るだけ早く解散・総選挙した方がいい。支持・不支持はそれ以降の話になる。心配には及ばない。自民大好きっ子有権者がこぞって投票して過半数を確保してくれるだろう。お子様政治の続きはそれからまたやればいい。
スポンサーサイト

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。