太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生氏にみる日本の行く末

『日本人』という名の利益誘導型政治


生氏は典型的なネット(2ch)派候補だと思う。彼の発言の趣旨は主にネットで語られていることでネットを知らない人に罪はないが、以前はリアルの世界ではあまり意味をもつものではないと考えていた。
しかし選挙のたびにネットで大規模な排外・差別主義にもとづく書き込みがあちこちのブログや掲示板に大量になされ嫌でも目につく。新聞や雑誌でもフツウに取り上げられるようになって、かっては電信柱にでも貼ってあったような右翼ビラが真実のごとくに語られている時代になりつつある。しかもその書き込みのほとんどが自民党を支持しているにも関わらず、このことに対して自民党サイドからは何も反応がない。ふつう偏見など倫理的に問題がある情報が多数流れていると思えば、不利になって誤解を解くような行動に移るのだがそうはならない。それどころか人気が出ているようにすら感じる。
私はなぜ自民党が外国排斥や在日排除など既存の利益には関係ない偏狭的なナショナリズムを背負うのか理解できなかった。今でもネット右翼はごく一部だという人が左派にも多くいる。しかしけっしてそんなことはなくて、今般の総裁選の麻生氏の主張において、老若男女を問わずそうした人々から支持を集めている人物像の考え方が、日本社会の方向性としてはっきり垣間見えたと思っている。安倍氏ですらここまではっきりとは語らなかった。


麻生氏の発言は就任前の行動や発言を見れば、安倍首相が言いたくていえなかったことを代弁しているように思える。安倍首相は病床から拍手をしていたかもしれない。自民党の中にもそうした麻生発言に対する同情の声が多数反映したのではないかと思われる。
自民党が解体でもしない限り、彼はいずれ総理大臣の座に収まるかもしれない。つまりは彼の主張がいずれ公に認められる日がくるということである。
今回の総裁選では地元近辺は仕方ないにしても、大都市圏を中心に彼を支持する動きがあったという。近年大都市では外国人が増えるにつれ、石原ブームもあって日本人『以外』という視線を気にする人が増えてきた背景があるのだろう。
私はこれを日本社会の国際化の現われだととても喜べない。声高に「私は日本人ですから」と主張しないと日本人だという自覚が出来ないのだろう。気が済まないなにかがあるのだろう。悲しいことだ。それで何が解決するのかバカな私にはサッパリ分からないのだが、経済も格差社会も教育問題も、日本人だからと述べてみたことでどうなるというのか。
現状に不満のある『日本人』として麻生氏の発言の先を聞いてみたくなるのがフツウの感覚になる日がいずれくるのだろうか。政治家はこうして言葉の範囲を広げていく。違和感のあるものがいつの間にやら慣れてしまう。
それとも自民党の断末魔と言えるのだろうか。私にはそうはみえないが‥

スポンサーサイト

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。