太兵衛のアンニュイな生活
とかくこの世は『太兵衛に武兵衛(多勢に無勢)』、「越後屋、お主も悪(わる)よのぅ」なんて出来事ばかりで、嗚呼..アンニュイな日々を送りたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご乱心 2~傾向と対策

対策 国会とは何なのか?(原点に帰る)


 現状でバランスよく保保二大政党制を残すには民主党が選挙で勝つしかないが、政治を諦めて有権者の多くがしらけてしまい、今回の密室の出来事の印象に疑いをもつか飽き飽きしてしまえば全てが終わる可能性もある。極端で皮肉な書き方をすれば有権者が冷静さを欠くのが狙いともとれる。
 自民党内の大衆受け人気取り政治家の復権を待つのも、大連立による総与党化の共通点はいずれも強力なリーダーシップというひと言に尽きる。有権者の判断からすれば政治の停滞を憂い・強力な求心力を求める立場にたつか、あくまで二者の選択・競争を認め残すように立場にたつかである。
私は後者である。大連立は受け入れられない。


 ドイツの例を出している大新聞があるが、ドイツは選挙制度からして連立を前提にした制度になっていることは有名である。有権者から許容され理解される前提も違えば限度も違う。日本の小選挙区制はあくまで政権交代の実現を前提にした制度だと考えられよう。現に民主党は先の選挙で自民党政権と対立した政策を打ち出したからこそ、政権に批判的な有権者の支持を得られ理解も得られたことは書くまでもない。選挙制度はここまで有効に働いているのである。
それが、もし参議院選挙で野党が過半数を占めることで国会運営に問題が多々生じるとしたら、そのような国会システムになっていることが問題なのか、そもそも小選挙区制にして二大政党制を前提にした選挙制度が問題なのだと思う。
 これからも野党が参議院で勝つたびにこのような連立を組むつもりなのか。ねじれ国会が問題なら国会運営を変えるべきだし、政策協議が必要なら政策協議の必要性を有権者に理解してもらう努力が必要だと思う。政権交代を目指す二大政党制を目標としていないのならば連立もいいかもしれない。ならば小選挙区制は民意を正確に反映しているとはいえない。
有権者が選挙で投票をする行動をする際には、現政権に対する信任や批判が主要な動機付けになるだろう。その先には政権交代があるのに大連立を組まれたのでは批判票にはならない。これでは政治に批判をするなといわれているようなものだ。このような慣例が続けば投票しようとする意欲自体が失なれるだろう。


 大連立の必要性を例のごとく今の日本は特別な危機に陥るからと盛んに煽る勢力がいるが、私はこのような危機だからこそ有効な政策を二党で競って出して欲しいと思っている。先にも書いたが、大連立にもなれば不正や汚職などの問題はむしろ容易に蓋をされるだろう。そのことが「日本の危機が回避される」という意味を指すのでもなければ、緊張感は失われ改革は進まずに良い政策も打ち出されないだろう。至って自然な結論であって、大連立によって得をするのは誰なのかよく吟味する必要があると思う。すぐに連立と投げ出さずに、二党対立下でも国会を進められるような模索を地道に手探りで進めるしかない。

スポンサーサイト

プロフィール

越後屋太兵衛

Author:越後屋太兵衛
独り言ブログです。

最近、政治不満解消型ブログ化してきてしまい、他の方が読むとストレスがたまるかもしれませんので注意。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。